06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明智光秀まつり 其の一

ういー…寝た寝た!!
朝ご飯を食べて寝て…昼ご飯を食べて寝て…やっと回復!
頭痛がとれて、良い感じでございます。
さて、昨日の宣言通り、ゆるりと祭りについて書いていこうかな。
たぶん文章が長くなると思うので、お暇な時にでも読んで下さいまし。



今回は、先日の『市役所に行ってきた』の内容を詳しく。


母が応募した明智光秀まつり。
このブログを立ち上げた時辺りに知った祭り…。
第39回目というほど何年もやっているのに、一度も見たことがなかった私です;
GWといえば何かと忙しい。。。
でも、今年はバイトを休ませて貰っちゃったい!


母の車に乗せて貰い市役所に。
集合時間の二十分前ほどに着き、案内された場所に着席。
公開抽選ということで母も一緒についてきたけれど、後ろの席へと案内されていった。


時間になって始まる公開抽選。
前もって知っていた役よりも人が少ない…?と思いつつ、司会の方の話を聞く。
今年は光秀公役の応募が3人。
妻の煕子役の応募は2人。
この二役だけの応募が被ったという。
そして、ほかの役は空きがあるのもあるということで、会場の人が少ないようだった。


どのように抽選が行われるのかな?と、まずは光秀公の抽選から始まるということでジッと見る。
抽選には代理でも良いとのことで、来られない人は代理をたてる。
それも無理な人は、観光役員の方が抽選に参加。
今回は御本人と、代理の方が一人と、役員の方が一人、という見事に全部合わさった組み合わせでございました。

まず始めに、誰からクジを引くのかを決めるために、クジを引く。
このクジを引く順番は応募順。
袋に入れられた三本の棒を、一本ずつ引いていった。

そして、本抽選。
棒には番号が振られていて、その順番に箱に入ったガチャポンのカプセルのようなものを取るという。
透明な箱に三つだけ入ったカプセル。
一番の人は選べるから良いよねぇ。
たとえ三つしか入ってないといっても、かき混ぜたりして迷いながら引けるんだもの。
最後に引く人は一個しか残ってないのだから、運命が決まってしまっているものね。

一列に正面に並んで、まずはカプセルをオープン!
あ、カプセル自体も透明なものです。
その中に赤いクジが入っている。
留められたクリップを外し、いつでも開ける状態へ…。
そこから、一斉に開ける!!

今回は御本人で来た方が勝利!
私が市役所に到着したときには既に座られていた方。
ジッと微動だにしない姿に怖い人かと思いきや、勝利が確定したときに出た笑みが優しい方。
戦った方々と握手をガッチリと交わしておいででした。

三番目にカプセルを取った方だったけれど、運命は取る順番じゃないんだなぁ…。
残り物には福がある!というものを見ることが出来たよ。


そして、正室煕子役の抽選。
私が応募した役でございます。。。
どの方が応募したのだろう?とグルリと見回してもわからない…。

名前を呼ばれて前に出る。
司会の方の話を聞くと、もう一人の方は来られないとのことで、役員の方とクジを引くことになった。
そりゃあ来られないはずだ。。。
その方は東京の方だという…クジを引くためだけに出てくるのは難しいものね;

応募をしたのが私の方が早かったらしく、棒を先に引かせていただく。
1と2の数字が入った棒が机の上に並べられ、それが間違いないか見せていただいてから、袋の中に棒が入れられる。
棒の頭の部分が袋から出た状態だから、棒が並べられている状態からガン見をしていれば、どっちがどの番号かなんてわかってしまったりする…;
そんなの嫌じゃー!!
と、私は明後日の方向を見てたけどね(笑)

中は見えないように袋の入り口はギュッと締められ、それを引く。
…一番だった。
その後に、順番が決まっていても、しっかり役員さんにクジを引かせるのは良いね。

そしてカプセルの箱の前へ。
先に選べるっていっても二択…。
どーちーらーにーしーよーうーかなー…と。

…はっ!?
一瞬、バイト先の光景が頭に思い浮かんでしまった。。。
クジが中に入ったカプセル…ナイター営業?!
混ぜる音が同じ…はっ?!今年も営業の準備の季節がやってくる?!

と、まぁ…ほんの少し意識を飛ばした瞬間があったけれど、直感で選ぶ。
次に役員の方がカプセルを引き、クリップを外すところまで進める。
そして一緒にオープン…!


正室 煕子


…何か書いてある。
………。
…あ、当たった?!

「当たりました」
と皆さんに向けたけれど、当たったことにビックリして反応は覚えてない;
拍手をいただいたような気がする;
席へ戻るときに光秀公役に決まった方から「よろしくお願いします」と言葉をいただき、やっと現実に戻った私でした。



その後、すぐに席の後ろの方へ呼ばれて足を進める。
カツラの採寸をやっておこうということだそうで。
身長を聞かれたりしつつ、二人がかりでカツラあわせ。
ど、どんな感じ…?
鏡もないから自分がどのようになっているのかわからない;
玉子役の方も母が付いてきておられ、携帯で写真を撮っていらっしゃった。
…私も母に、画質が悪くても良いから撮っておいて貰った方が良かった?と今、文章を打ちながら思い始める私。
遅い…遅いぞ!


後は写真撮影があったり、新聞社の方から質問を受けたり…。
そして終了…と。
市役所での出来事はこのようなものかな。


たぶん、市役所での私はフワフワしてたと思う。
最近、前ほど緊張ってしないんだよなぁ…。
で、終わってから緊張するという(笑)
帰りの車の中で、ずっとため息をはいていたらしい;

すべては終わってから事について考える癖、そろそろ脱却すべきか…。
いや、でも、うーん…始まる前から緊張するのもなぁ…。
…為るようになれ精神の強化が必要か。。。


とりあえず、今回はこの辺で。

追伸:消えたツバメが帰ってきたー!!
スポンサーサイト
Secre

プロフィール

EOSHYA

Author:EOSHYA
<とりあえず…>
おいでやす。
気ままに更新しております。
内容は日常記録。
暇つぶしにでもなれば幸いです。
それでは、どうぞ…
ごゆるりと。。。

<自己紹介>
*大学 > バイト三昧
*ゲーム好き
・FINAL FANTASY
・マリオカート
現在プレイ中の物は…。

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。